医薬品の個人輸入代行使って、日本では手に入らない医薬品を手に入れよう

ここのところ、個人輸入代行業者に依頼して、外国でしか手に入らない医薬品とか、日本で買うと大変高い物を外国の産地から取り寄せることが普通に行われるようになってきています。
ひと昔前までは、輸入の世界と言うのは特別の人達だけの世界で、一般の人がマネしようとしてもなかなか入り込めない所だと考えられていました。
実際に、輸入するためには、欲しい物が作られているその国の言葉が流暢に話せること、また貿易には何か必要で、税関でどのようにすれば日本に物を送ることができるのかを、きちんと知っていることが必要です。
これいきなり出来る人はあまりいません。

元々、輸入と言うことに、職性上、良く慣れているような人でないと無理です。
厳密に言うと、例え個人であっても、明確な目的がなければ医薬品の輸入は禁止されています。
薬事法での制限にかかってくるのです。
輸入前に地方厚生局に書類を出して、薬事法に抵触しない薬であることを示すことが求められます。
だから、皆が求める良く知られた薬で有れば、税関での確認だけに止まりますが、そうでないときは輸入する前に薬事法で日本への持ち越し禁止薬でないか調べておく必要があります。
一般の商品の輸入では、薬事法は考えなくて良いのですが、医薬品となると単に語学が出来ると言うだけでは滑らかに行かないようになっています。
その為に、その代行をしてくれる業者というのが重宝するようになっています。

彼らの特技は、現地の医薬品製薬会社とのルートがあったり、代理店を良く知っているということが挙げられます。
また日本の薬事法に精通しており日本に持ち込みしやすい医薬品、そうでない医薬品の区別がしっかりできるので、最終的に税関の所でもたつくようなことはないということも大きな強みと言えるでしょう。
だから、逆にいくら輸入代行を依頼しても、断られる医薬品も当然あります。
そのあたりの当たり前のことが、あまり理解されていない節があります。
個人輸入代行業者のHPは、非常に派手な演出がされており、また代行手数料と現地医薬品価格を合わせて、一括商品価格と言う形で表示されている場合が多いので、事情のわかっていない人からすると日本の薬品の通信販売とほとんど同じに見えるようになっています。
個人輸入業者もあえて、その差異をギラギラとは差せないHP作りをしているので余計ですね。
正確に表示するとしたら、現地医薬品価格がいくらで、運送費がいくらで、彼らの労働への対価がいくらでとするべきでしょう。
ただ利用者の方にすると、最終いくら払うんだと言うことが大切なので以前は詳細表示がされていましたが、最近は一括こみの表示になっていることが多いです。
個人輸入において大切なことは、誠実な業者をいかにつかむかということです。
我々が彼らに期待するのは、その業者の現地での医薬品調達力、特に本物と偽物の識別力になります。
いくら安くても、偽物をつかまされたら何をしているかことか判らないからです。
HP、クチコミ、実績で判断しましょう。